オフショア開発をベトナムの会社に依頼する場合の注意点

私は前職(今は有休消化中)でベトナムにオフショアをお願いしていました。
システム開発は一度の開発で大きなお金が動くため、失敗のリスクは大きいです。
日本人だからこそ日本の会社の信頼性は大きく、途上国の会社に依頼して大丈夫なのか心配な方上手くいくのか不安だと思います。

ベトナムの会社でシステム開発を依頼するするに当たって社長さんやプロジェクトマネージャが安心してオフショア開発するための注意点を説明していければと思います。

私が関わってきた企業様や開発メンバー、友人、地域などを客観的な観点から述べさせていただきます。そのため必ずしも全てのことが正しいかは実際にコミュニケーションを取って頂いて判断してください。

目次

ベトナム人の人間性

ベトナムの人はフレンドリーでとても親切な方が多いです。オフショア先のベトナムの会社に常駐していたこともあったのですが、発注元だからという感じではく単に親切な印象でした。私は朝ご飯を食べないタイプなのですが、健康のためと毎日朝ご飯を買ってきてくれる方もいるくらいです。

精神年齢は若干低い印象はありますが、
一緒に働いて間近で見ていると仕事は至って真面目にしており手を抜いたりはしないです。
やるべき時は残業して終わらせようとしますし、納期に間に合わせてくれます。

企業について

私が一緒お仕事させて頂いた企業さんは2パターンでした

  • 社長が日本でシステム開発に携わってベトナムで企業
  • 日本の社長が子会社でベトナムの会社を設立(日本人が駐在)

そのため日本の開発の仕方もある程度理解がある会社さんでしたので、スムーズに進められたと思います。
理由として相手が日本語を理解出来るという点が大きかったと思います。

開発を依頼するにあたっての注意点

発注する前の企業選定における注意点を私の主観ですが、重要だと思うところを3つ挙げます。
1.発注前はコミュニケーションよく取る→日本語がどの程度通じるか
 当たり前のことですけどオフショア開発では最も重要です。こちらの日本語がどの程度通じるかが非常に重要です。ほとんどのベトナム方は日本語の細かいニュアンスは通じておらず大まかに理解しています。その大まか具合を発注側が理解していないと徐々に齟齬が生まれます。ベトナム人に完璧な日本語の理解を求めるのではなくどの程度伝わっているかを把握する必要があります。

2.開発実績の確認
 ベトナムのサイトは原色を使った派手なデザインが多いです。
デザインを発注側が作成するのではいいのですが、ベトナム側にデザインを依頼するのであれば日本向けのデザインができるのか確認が必要です。1番でお伝えしたように細かいニュアンスは伝わりづらいので、ある程度任せられるデザイン力を持った会社さんを選んだ方が円滑に進みます。

3.見積もり外の作業範囲の確認
 ベトナムの発注の単価は安いです。1日単価は1.2万~2万程度の範囲で収まると思います。私の経験では2万になったことはないです。念の為、いくつかのサイトで調べても大体その範囲で収まっているため概ねの認識として大丈夫だと思います。
 私がお願いした企業様は大掛かりな機能追加ではない(スケジュールが間に合わなくなる)仕様追加・変更は快く引き受けてくれます。しかし、企業によっては当初の仕様から変わる時点で追加が発生したり、テストが終って検収完了したら修正は不具合でも別工数といった企業もあります。日本だと受注側の瑕疵出なくても何だかんだ直してくれたりしますが、外国の方は「No」とはっきり言いますので事前に確認は必須です。
 単価は安いといっても、安すぎる場合はそのようなイレギュラー対応が含まれていない場合があります。安さだけに惹かれないようにしましょう。多少単価が高くても日本で発注するよりかは圧倒的に安いです。

終わりに

外注するには日本企業でも大変ですが、ベトナム企業だと+αで大変な部分があります。私は日本の開発を知っている会社様に依頼できたためスムーズに仕事ができました。もし初めて依頼する場合は日本とのオフショア経験がある企業を選択をしてください。初めて日本と仕事をする企業は避けた方が得策です。

にごう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次