有休消化中の手当てについて退職代行を使って取り戻す

目次

はじめに

退職のための有休消化中の手当てってどうなるか気になる方は多いと思います。
私のように有休を全く使えず40日余っているとほぼ2ヶ月出勤しなくても良いわけですけど、
会社としては役職を外すなどの対応を取ってコストを削減してくると思います。

現在有休消化中の私が会社にどのような対応を取られたか、支給されるのか途中経過ですがお伝え致します。

取られた対応

有休消化直前に役職を外すと言われました。
一方的に言われただけで口先だけでも同意はしていないです。労働契約書も更新していないです。
恐らく高圧的に言って置けば受け入れると思っていたのかと思います。
※この時点では退職代行を使っていなかったです。

実際に給与明細を確認したら
有休消化に入る前の通常の勤務の状態で役職手当やら見なし残業やらが無くなっていました。

代行業者に確認して貰ったところミスで控除してしまったとのこと。
ミスと言えばミスなんだろうけど、
私としては意図的にやったのではないかと思わざるを得ない部分があります。
問い合わせても引継ぎ業務をやっていたから役職から外れたとか難癖付けて払わないつもりだったのかなと思います。
この給与計算が終わった後くらいに退職代行を使ったので、向こうとしては想定外だったと思います。

そのため、すんなりミスを認めたと思っています。
内部の人に聞かないと真実は分かりませんが。

有休消化中の手当てについて

私は最初、有休消化中は手当てが無くなってもしょうがないとは思っていましたが、
ネットを調べて見るとそれは不当のようです。

こちらのd’s JOURNALさんなど複数のサイトにも載っています。
ヤフー知恵袋などだと受け入れた、貰えないなどの情報もあります。

私も法律の専門家ではないのでちゃんと退職代行に相談しました。
法律も変わるためネットの情報が古い事もありますので、ネットの情報を真実と思わず専門家に確認は必ずしてください。

d’s JOURNALさんの記事によると
「役職手当を支給したくないために、退職を機に従業員を降格処分することは認められない」とのことです。

但し、
事前に役職が変わっている、業務内容が変わっている場合は
「役職手当を支給したくないため」という条件から外れるのか難しい場合もありそうです。
私の主観ですが
「業務内容が変わって無いですか?」というのを聞かれたためです。

私の場合は残業代が見なし残業として固定で付いていたのでこちらも支給されるものだそうです。

結論

稼働によって変動するような通常の残業代の計算は分かりませんが、
毎月固定で付いている手当や見なし残業などは支給されるようです。

私は退職代行の中でも弁護士事務所にお願いしたので、
その辺の交渉もスムーズでした。
支払われなかったと仮定すると弁護士事務所に頼んだ分はペイできたという所でとても良かったと思います。

民間の退職代行の場合は、
退職を代わりに伝えてくれるだけで、
今回の金銭の所はできないと思います。(非弁行為?)

伝えるくらいならやってくれるかもですけど、法律がどうとかで交渉はできないかと。

今回のは
次回の給与分に差分を反映させると聞いているので、
今月末にならないと分からないです。
有休消化中のものは今月と来月の支給分になるので結果報告はします。
まだ分かりませんし、後から難癖付けてくることも十分ありますので。

おわりに

有休消化中の手当が削られましたが、弁護士の退職代行を使ったおかげで
取り返せる見込みがあることが分かりました。

出社せず退職したい場合は民間でも良いですが、
役職持ちや様々な手当て付いていて、正当に支払って欲しいのであれば弁護士さんにお願いした方が良いと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にごう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次