ベトナムのバインミーとは? 日本人の認識違う?

人気のベトナム料理の1つのバインミーですが、
どのようなイメージがありますか?

バインミーと言えばフランスパンに野菜やお肉を挟んだサンドイッチをイメージするかと思います。
分からない人はサブウェイのサンドイッチをイメージしてもらうと分かるかと思います。

お店毎に味付けや素材が違うので毎日食べても飽きが来なくて、
ベトナム人にとって日本のご飯のようなもので毎日食べています。

タイトルにあるように日本人がイメージしているバインミーは
ベトナムでもバインミーと同じでもちろん通じます。
お店でもバインミーとベトナム語で表記されています。

しかし、バインミーの意味はサンドイッチではなく、パンという意味です。
日本だと白米とおにぎりを同じ名称で呼んでいるような感じです。

ベトナムでは鍋や、タレのある料理を食べたときに汁やタレに浸けて食べます。
現地の人はこのような食べ方をしています。
この時のパンのオーダーは「バインミー」と言います。

私も最初はバインミーの注文していてサンドイッチで来るのかと聞いたのですが、
パンのことを言っていることが分かりました。

これはこれで美味しいです。感覚的には雑炊の感じで出汁を楽しむ感じですかね。
バインミーはメインの料理とは別のオーダーなので私一人だったら注文することはなかったので経験できて良かったです。
もし汁物を頼んだら、最後はバインミーを頼んでみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村 クリックお願いします。

にごう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次